アイペット動物病院
メインメニュー
メニュー
サイト内検索

病気は早期発見・早期治療が大切です

痙攣、心臓発作、呼吸困難、異常な行動、身体の激しい痛み、体温の異常(熱い・冷たい)、舌の色の変化(紫・白・黒など)が見られた場合はすぐに病院にご来院ください。

症状 すぐに病院に連絡する とりあえず一晩様子を見ても危険がない
出血 ・出血部位を圧迫しても止まらない ・出血した様子はあるが止まっている
かゆみ ・絶え間なく出血するほど掻く
・皮膚が赤くただれる
・皮膚を痒がるが連続的ではない
食欲 ・全くなく、ぐったりしている ・通常より量が減っている
消化器

下痢
嘔吐
排便
・水溶性 量、回数が多い
・異常に黒い 下血
・回数が多い 吐血
・排便姿勢をとると痛がる
・1日2〜3回程度
・色、量に変化が無い
・毛玉などを吐く
・2〜3日便が出ない
泌尿器

排尿
・頻尿、または尿が出ない
一刻も早く病院へ来てください

・色の変化(血尿、混濁など)

 
歩行 ・起立不能
・1〜4肢いずれか力が入らず垂れ下がっている
・異常に痛がる
・軽く足を引きずっている
・4肢に触っても痛がらない(感覚はある)
・目に突出、出血、激しい痛み
・目が開かない
・ショボショボしている
・1日1〜2回拭く程度の目ヤニ
・出血、濃汁様物の排出 ・かゆみ程度
・出血、濃汁様物の排出 ・透明の鼻汁程度
前
定期健康診断のお薦め
カテゴリートップ
TOP
次
当院の医療設備